MENU

泡タイプの白髪染め

現在、自宅用の白髪染め(ヘアマニキュア)は、クリームタイプ・液体タイプ・泡タイプと、さまざまな種類が発売されています。ここでは、泡タイプの白髪染めについて説明していきたいと思います。

 

泡タイプの白髪染めのメリットは、軽くて細かい泡が、髪の内部まで浸透しやすいことがあげられます。ですから、通常の白髪染めでは染まりにくかった根本や生え際まで成分が行き渡り、全体をムラなく染めあげることができます。

 

使い方もとても簡単で、そのまま手に出して、シャンプーをするように「クシュクシュ」と髪に揉み込むように染めていきます。今まで染めるのに苦労していた箇所を染めたり、手軽に使える白髪染めを探していた方などは重宝すると思います。

 

泡タイプの白髪染め

また、クリームタイプのようにベタつきませんので、洗い流す際のストレスも軽減されるでしょう。

 

しかし、通常のタイプよりも染まりにくいといった、デメリットもあります。説明書には放置時間が5分〜10分などと記載されていますが、髪質によってはその2倍〜3倍の時間は放置する必要があります。

 

 

 

泡タイプの白髪染めを上手に活用するために

 

泡タイプの白髪染めは、染まりにくいといったデメリットがあります。髪が傷んでいたり、細毛の方などは比較的染まりやすい傾向にありますが、キューティクルが整っている方や硬くて太い髪質の方はなかなか染まらないのがネックになります。

 

そういった場合は、シャンプー後の濡れた髪に使用するのではなく、よく乾かしてから白髪染めをおこなうようにしてください。濡れた髪ですと、どうしても染まりにくくなってしまうからです。

 

また温度管理も大切になってきます。長時間放置する必要がある方であれば、よく暖めた部屋で本でも読みながゆっくりと染めていくとよいでしょう。

 

白髪を染めるテクニックに関しては、当サイトの白髪染めのコツの中でも詳しく記載しておりますので、そちらの記事もあわせて、ご参考にして頂ければと思います。

 

 

 

 

 

当サイトの人気コンテンツ一覧