MENU

美髪コラム記事一覧

頭皮について知ろう実に多くの日本人女性が、何かしらの髪の毛の悩みを抱えているのではないでしょうか。ミストでボリュームを抑えたり、オイルでパサつきをケアしたり、トリートメントを施したり・・・ブローや枝毛カットに時間を費やしている方も多いでしょう。髪の毛がぺしゃんこになる・・・髪にハリがなくてセットが決まらない・・・年を取るにつれ髪の毛のうねりがどんどん目立ってきた・・・頭のてっぺんからピンピン出てく...

キューティクルとは?髪の構造は大きく3に分けることができます。その3つの部分の中で、一番外側を包んでいるのが「キューティクル」になります。キューティクルはうろこ状に構成されており、タケノコの皮のように重なりながら髪を包み込んでいます。よく海苔巻きに例えて説明されることがありますが、キューティクルは海苔の部分になります。もっと詳しく言うなら、海苔のような一枚構造ではなく、小さなキューティクルが少しず...

コルテックスとは?キューティクルの下には、コルテックスと呼ばれる太い層があります。髪の85%〜90%がコルテックスになりますので、海苔巻きで例えるならば海苔の部分がキューティクル、ご飯の部分がコルテックスだと言えるでしょう。コルテックスの成分はケラチンというタンパク質で出来ており、ケラチン繊維がねじり合って、そのねじりあったケラチン繊維がさらにねじり合って・・・細い繊維が何本も束になって大きな縄の...

髪の長さの限界は腰くらい!?皆さん、髪を限界まで伸ばしたことはありますか?どのくらいの髪の長さにしたことがありますか?ロングヘアが好きな方、いくら頑張っても髪が腰ぐらいの長さまで伸びなかったことを不思議と感じたことはありませんか?もちろん中には、髪を伸ばし続けて2〜3mくらいまで髪が伸び、ギネスブックで記録を残すような人もいますが、それは通常で考えたら例外。人の髪が成長する限界にはサイクルがあり、...

ヘアサイクルを知ろう!でも述べたように、髪は自己修復機能を持たない性質を持った細胞です。肌表面の角質層も髪と同様、自己修復機能を持たない「死んだ細胞」になりますので、性質はとてもよく似ているといえるでしょう。肌の場合、毛穴から皮脂が分泌されて肌表面に皮脂膜を形成していきますが、髪も同様に毛穴と繋がっている皮脂腺から皮脂が分泌されて、髪まで届き、毛先まで少しずつじわじわと届くような仕組みとなっていま...

アンチエイジングの世界では、栄養の偏りがないか、水銀などの有害なミネラルが体内に溜まっていないかを調べるために、その材料として髪の毛を検査します。多くの人は髪の毛ではなくて血液を調べればいいのではないか、と思うかもしれませんが、血液の成分や状態に関しては食事によって大きく左右されてしまうので正確な測定ができません。例えば揚げ物をたくさん食べた後は、血液が油分で濁ってしまうほどに血液に影響を与えます...

ここではシャンプーの手順について、簡単に説明していきたいと思います。シャンプーの方法は人それぞれだと思いますが、間違った方法で行っている方も多いので注意が必要です。よくある間違いの一つに、「シャンプー剤を手のひらで泡立ててから髪に塗布する」というものがあります。一見正しいように思えますが、手のひらで泡立ててしまうと地肌まで届きません。また反対にシャンプー剤をそのまま頭皮につける方もいますが、これも...

皮脂の除去のためよく「シャンプーは毎日した方がいいのか?」といった質問を頂くことがありますが、シャンプーは毎日おこなったほうがいいでしょう。日本の昔の食生活であれば毎日おこなう必要はなかったのですが、現在食生活は欧米化しており、脂質の摂取量も急激に伸びています。特に、頭皮は顔のTゾーンの約3倍もの皮脂腺が存在しますから、これを放っておいていいはずがありません。顔の毛穴よりも大きい分、頭皮の毛穴から...

雑誌やテレビの美容家さんの中には、「化粧水が余ったら、頭皮に使うと効果がある」とアドバイスしている方もいますが、つけること自体特に問題はありませんが、あまり効果を期待し過ぎない方がいいと思います。顔の肌も頭皮も構造に大きな違いはありませんが、置かれている環境が全く違います。ですから「顔」とは別の「頭皮」のための成分が必要になってくるのです。もちろん顔用の化粧品をつけたからといってトラブルが起こるこ...

お子さんの「若白髪」、ご本人も気にしていることでしょうし、まずは原因を一つひとつ、チェックしていきましょう。病気にかかっていることがはっきりした場合は、何をおいても、治療への専念が大切なことはいうまでもありません。「若白髪」が病気によるものではないとはっきりしたら、誰しも、ほっとするもの。でも、「若白髪」が一向に減らないとなると、遺伝の可能性も否定できません。両親はふたりとも「若白髪」ではなかった...

「白髪染め」した髪は、化学物質の力を借りてキューティクルを開き、色を染めつけたものですから、髪の傷みは必至です。次回の「白髪染め」のためにも、退色を防ぎ、色もちをキープする必要があります。カラーリングした髪専用の商品の使用をおすすめ。ここでは、ネット通販でも購入可能なサロン用の商品から、売れ筋のシャンプーをご紹介します。どの商品も、同じシリーズのトリートメントも併せて販売されています。『アジュバン...

30代も半ばを過ぎると、あまり考えたくないことですが、身体の上にはさまざまな変調が起こりはじめます。朝の目覚めがすっきりしなくなったり、疲れがとれにくくなったり…。美容面でまず気になることといったら、しみやしわ。早いひとでは、法令線が目立ってくることも。でも、何よりはっきりと“加齢”を感じるのは、やはり髪にちらほら目立ってきた白髪、ではないでしょうか。白髪って、必ずしも加齢によって生えてくるとは限...