MENU

お子様の『若白髪』の悩み

お子さんの「若白髪」、ご本人も気にしていることでしょうし、まずは原因を一つひとつ、チェックしていきましょう。病気にかかっていることがはっきりした場合は、何をおいても、治療への専念が大切なことはいうまでもありません。

 

「若白髪」が病気によるものではないとはっきりしたら、誰しも、ほっとするもの。でも、「若白髪」が一向に減らないとなると、遺伝の可能性も否定できません。両親はふたりとも「若白髪」ではなかったなら、何かほかに原因があるのでしょうか?

 

「若白髪」の原因として挙げられているものには、遺伝のほかには睡眠不足や食生活の乱れ、ストレスなどが挙げられています。

 

とくに睡眠不足の場合は、睡眠時間の多寡よりも、眠りにつく時間帯が問題とされています。人間の血行が最も盛んになり、メラノサイトがつくられる時間帯は、午後10時から午前2時のあいだ。副交感神経の活動が活発になって、人間の身体がもっともリラックスしている時間帯です。

 

この時間帯は、従来なら、人間は本来、眠っていなくてはならないはず。ところが、現代では、この時間が最もゲームに集中できる、と考えている若者たちが少なくありません。

 

ゲームに熱中すると、リラックスどころか、副交感神経交感の出番はなくなり、交感神経が活発になるばかり。神経を高ぶらせているのでは、リラックスどころか、興奮の真っただ中にいるわけです。

 

これでは、せっかくの血行も促進されないままとなり、髪を黒くしてくれるメラノサイトの活動も鈍ります。わざわざ、「若白髪」を増やす原因をつくっているようなものです。

 

メラノサイトにきちんと髪色をつけてもらうためには、遅くとも12時までには就寝することを習慣としてはいかがでしょうか。親が、「白髪にならないために早く寝なさい」なんて言っても、難しいお年頃では、言うことを聞いてくれないかもしれませんが。

 

どうしても気になり、それがストレスに繋がってしまう場合は、「ヘアマニキュア」や「白髪染め」で染めるのも1つだと思います。その際に気をつけなければならないことは、まだまだ抗体が出来ていない若年層。体への刺激が少ない無添加の白髪染め商品を選ぶことをおすすめします。

 

 

当サイトの人気コンテンツ一覧