MENU

毛髪構造について知る!-コルテックス編-

コルテックスとは?


キューティクルの下には、コルテックスと呼ばれる太い層があります。髪の85%〜90%がコルテックスになりますので、海苔巻きで例えるならば海苔の部分がキューティクル、ご飯の部分がコルテックスだと言えるでしょう。

コルテックスの成分はケラチンというタンパク質で出来ており、ケラチン繊維がねじり合って、そのねじりあったケラチン繊維がさらにねじり合って・・・細い繊維が何本も束になって大きな縄のようにケラチンは構成されています。

ですから縦に引っ張られる力には比較的強くできているのですが、横方向の刺激には弱く裂けてしまった場合には枝毛となってしまうのです。

また、ケラチン繊維は水分やメラニン色素を抱える性質を持っていますので、髪の潤いや色を決めているのも、このコルテックス部分だといえるでしょう。またコルテックスは、潤いや栄養分を髪の内部まで浸透させる働きも担っています。

注意点

コルテックスもキューティクル同様、日々ダメージを受ける部分になります。毎日のドライヤーやブラッシング、寝ている間にこすったりしても摩擦で、タンパク質が失われてしまう危険性があります。

しかしキューティクルは損傷すると再生しない部分になりますが、コルテックスは成分を入れ、補強をすることは可能です。正しいやり方で正しい成分を注入することで、しなやかさや水分量は目で見て分かるレベルで変わってくるのです。

お手入れについて

ダメージで悩マれている方も多いと思いますが、お手入れをしっかりすれば確実に手応えを感じられるのも、このコルテックス部分です。毛髪の太さ・コシ・ハリに関わってくる部分ですのでトリートメントの使い方が重要になってきます。

トリートメント剤をしっかり浸透させることで髪は少しずつ柔らかくなってきますし、トリートメント剤を少なめにするとハリ感が出てきます。自分の髪の状態に合わせてトリートメントの使い方を変えてみましょう。




当サイトの人気コンテンツ一覧