MENU

白髪染めを選ぶ3つのポイント

現在白髪染めは各メーカーから発売されており、どれを選べばよいか迷ってしまうという方もいるのではないでしょうか。一番大切なことは自分に合った白髪染めを選ぶことです。

 

そして何度も繰り返し使用するものになりますので、化学染料が入っていない、体に優しい無添加のタイプを選ぶことをおすすめします。

 

白髪染めを選ぶ3つのポイントについてまとめてみましたので、ご参考にして頂ければと思います。

 

 

髪質で白髪染めを選ぶ

 

髪質は大きく分けて、硬くて太い「硬毛」、柔らかくて細い「軟毛」、その中間に位置する「標準毛」の3つのタイプに分けられます。一般的に硬毛のほうが染まりにくく、軟毛のほうが染まりやすい性質を持っています。

 

ですから、自分の髪質に合った白髪染めを選ばないと全く染まらなかったり、逆にイメージしていたよりも明るく仕上がってしまうことがありますので、注意をする必要があります。

 

明るめの色に染めたい場合、硬毛の方は髪が太くて硬いので染料の影響を受けづらく、見本よりも1トーン暗めの色に仕上がる傾向があります。

 

また軟毛の場合は、髪が細くて柔らかいために染料がしっかりと内部まで浸透して、ほぼ見本通りの色に仕上がるでしょう。

 

逆に暗めのカラーに染めたい場合は、硬毛の方はほぼ見本通りの色に仕上がり、軟毛の方は見本よりも1トーン明るめのカラーに仕上がります。

白髪染めを選ぶポイント

 

上記の点をまとめると、硬毛の方が明るめの色に染めたいときはじっくりと放置時間をかけて染めていく必要があり、軟毛の方が暗めに染めたいときには調節が難しいと言えます。

 

自分の髪質の特徴を掴んだうえで、放置時間の調整やカラー選びをおこなってみてはいかがでしょうか。

 

 

肌質で白髪染めを選ぶ

 

髪質にもタイプがあるように、肌質(頭皮)にも普通肌・敏感肌・乾燥肌といったタイプがあります。特に敏感肌の方やアレルギー体質の方が白髪染めを選ぶときには注意が必要です。

 

選び方を間違えると、肌荒れや炎症、最悪の場合アナフィラキシーショック(アレルギー反応の一つ。ときに呼吸困難、めまい、意識障害等の症状を伴う)などを引き起こす危険性があるからです。

 

刺激成分や科学染料が含まれている白髪染めは避け、天然成分だけを使った体に安全な白髪染めを選ぶことをおすすめします。天然白髪染めには利尻ヘアカラートリートメントをはじめ、ルプルプ、レフィーネなどがあります。

 

 

使いやすさで白髪染めを選ぶ

 

定期的に染める必要がありますので、白髪染めは手軽で簡単なものを選ぶとよいでしょう。白髪染めは一般的に液体タイプとクリームタイプに分けられます。

 

液体タイプはさらっとしていてひと塗りできるのが特徴ですが、液ダレしやすいというデメリットがあります。ロングヘアの方は特に液ダレがしやすいので、ピンやクリップで髪を何箇所かとめ、まとめてから白髪染めをするとよいでしょう。

 

一方、クリームタイプは液ダレがしにくいので、生え際までしっかり染めることができるのが特徴です。液体タイプに比べ伸びが悪いのがデメリットだといえるでしょう。

 

最近の傾向としては、1剤と2剤を混ぜ合わせたりする必要がない、手軽で低刺激なヘアマニキュアタイプの白髪染めに人気が集まっています。

 

 

 

 

利尻個別ページ

詳しくはこちらをクリック

 

 

 

 

当サイトの人気コンテンツ一覧