MENU

毛染め剤が危険ってホント?

本当です。毛染め剤には非常に強いアレルギー反応を起こす、パラフェニレンジアミン(PPD)が多く含まれております。

 

またPPDと似た性質を持つ、パラアミノフェノールなどを含んだものがあります。他にも発がん性の物質など、強い毒性をもつ物質がいくつも確認されています。

 

スーパーや薬局で売られている市販のものに限らず、美容室などで行われる毛染めも同様、髪や頭皮を傷めてしまうだけでなく、様々な健康被害を生む可能性があります。

 

毛染め剤によるアレルギー症状

 

毛染め危険性

アレルギー症状とは、人には体の中に異物が入ってきた際に体を守る仕組みとして免疫システムがあります。その免疫反応が、特定の抗原に対して過剰に起こることをいいます。

 

 

具体的な症状として、皮膚のかぶれなどがあげられます。またひどい場合ですと、呼吸困難症状、顔・口唇・喉粘膜・喉の激しい痛み、咳、食欲不振などを伴う急性・全身性のアナフィラキシー(ショック症状)などがあります。アナフィラキシーによって死亡に至るケースも報告されています。

 

また毛染め剤がが目に入ると目が焼け付くような感じ、結膜の充血、悪くすると失明や白内障の危険性もあるので、毛染め剤を使用する際には細心の注意が必要なのです。

 

毛染めとヘアマニキュアの違い

 

毛染め剤とヘアマニキュアは、白髪を染めるメカニズムと薬剤の性質に大きな違いがあります。

 

毛染め剤は、髪のキューティクルを開きその内部に液体を流し込んで白髪を染めていきす。そのため染めるたびに髪がパサパサと傷んでしまったり、有害な物質が体内に取り込まれてしまう危険性があるのです。

 

一方ヘアマニキュアは、髪のキューティクルをコーティングしながら白髪を染めていくので髪が痛みません。そして有害な物質を含まない無添加なもの、アレルギー物質を含まないタイプが数多く発売されていますので、安心して使用することができます。

 

毛染め剤と比べて色が長持ちしないというデメリットもありますが、最近では手軽に染めることができ、髪や体にダメージが少ないヘアマニキュアを使用する方が増えています。

 

 

 

 

当サイトの人気コンテンツ一覧