MENU

白髪の原因

一般的に白髪が生えてくるのは40歳前後です。身体の老化現象・加齢が原因だと言われることが多いですが、実際医学的にも解明されていない部分がたくさんあります。

 

今まで白髪に関しては、人体に直接危険を及ぼすものではないとして、あまり研究が進められてきませんでした。最近になってさまざまな角度から検証され、そのメカニズムも明らかになってきています。

 

髪の毛が黒いのは「メラニン色素」によるものです。黒インクのようなものだと考えてよいでしょう。年を重ねるにつれ、この「メラニン色素」を作り出す「メラノサイト」の力が弱まり、白髪が増えてくるのです。

 

ストレスなども、この「メラノサイト」の機能を低下させてしまう原因になってしまいますので気をつけましょう。「メラノサイト」は精神的な影響をとても受けやすい性質をもった細胞なのです。

 

白髪が目立ってくると、どうしても実際の年よりも老けて見えてしまいます。白髪が生えてくるたびに美容室で染めるのも経済的に負担がかかってしまいますし、ヘナで何度も何度もカラーを繰り返すと頭皮や髪を傷めてしまい、抜け毛などの原因にもなってしまいます。

 

白髪の予防法

 

なんとかして白髪の進行を食い止める方法はないのでしょうか。残念ながら今の現代医学では白髪を防ぐことはできないと言われています。しかし、白髪の原因であるストレスや毎日の生活習慣に気をつけることは大切であると言えます。

 

現代人に多く見られる「夜更かし」につい考えてみましょう。髪に栄養を運ぶ毛細血管の動きがもっとも活発になるのは、21時から午前2時までの時間です。夜更かしや睡眠不足など不規則な生活をしていると、細胞が活発に働いてくれず、「メラノサイト」は生成されません。

 

なかなか21時に寝るのは難しいとは思いますが、12時には寝るように心掛けるとよいでしょう。

 

そして白髪の予防にはミネラルの摂取が有効です。偏った食事をするのではなく、玄米や海産物、野菜や肉などをバランス良く摂取していく必要があります。黒ゴマやアボガドも白髪予防にとても適した食材ですので、食事のサイクルに取り入れてみてはどうでしょうか。

 

また適度な運動をすることで、大脳付近の血行も良くなりますし、ストレス解消にも繋がりますので、効果的だといえます。
他にも、頭皮を手でマッサージをしながら揉みほぐすのも、血行を良くして細胞を活発化させる効果がありますので、試してみるとよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

当サイトの人気コンテンツ一覧