MENU

ヘアマニキュア|自分に似合う色を見つける方法

いざ、セルフ・ヘアマニキュアをしよう!と思い立って、ドラッグストアなどへ足を運んでも、棚には様々なメーカーのヘアマニキュアが並んでいます。でもその前に、自分にどの色のヘアマニキュアがマッチするのかを、最初に知っておくことが大切です。

 

選んだ色によっては、顔色が悪く見えたり、違和感が出てしまうのではせっかくヘアマニキュアを購入しても大なしです。店へ足を運ぶ前に、ネットなどで、まず自分の肌色や目の色、雰囲気と相性のよい「パーソナルカラー」を調べることからはじめてみるとよいでしょう。

 

「パーソナルカラー」は、四季に例えられる4つのイメージに分かれています。例えば春タイプの人であれば、瞳=黒目は黒か焦げ茶。肌色=血色のよいイエロー系。相性のよい色は、淡いピンクやうすいベージュなど、ヴェールがかかったような中間色になります。髪色は、ブラウン、オレンジ系などがおすすめです。

 

夏タイプの人は、瞳=白目は青白く、黒目は赤茶、もしくは黒。肌色=青みがかったピンク〜ナチュラル系。相性のよい色は、うすいブルー、ラベンダー、淡いパープルなどです。髪色は、アッシュ系、ピンクがかったベージュ、赤みがかったブラウンなどがおすすめです。

 

秋タイプの人は、瞳=ブラックに近いダークブラウン、チョコレート色。肌色=青みがかったピンク〜ナチュラル系。相性のよい色は、ブラウン、グリーン、淡いベージュ、からし色などです。髪色は、マットブラウン、コパーブラウン(銅のようなブラウン)などがおすすめです。

 

冬タイプの人は、瞳=ダークブラウン、ブラック。 肌色=青みがかったピンク〜ナチュラル系。。相性のよい色は、ホワイト、ブラック、レッド、ダークブルーなど、はっきりした色になります。髪色は、ブラック、ダークブラウンなどがおすすめです。

 

おおまかとはいっても、それぞれにはっきりした差異があります。カラーチャートで「ああ、この色いいな。」と思っていても、例えば秋タイプのひとでは、グレー系の寒色はマッチしません。

 

色を決める時には、肌や髪はもちろん、全身のカラーコーディネートも意識してトータルでみて素敵な女性を目指したいものです。