MENU

白髪染めを使用すると肝臓を痛めるって本当?

最近になって、白髪染めをすると肝臓に悪影響を与えることが話題にのぼっています。

 

その原因は白髪染めに使われている「パラフェニレンジアミン」、通称「PPD」が関係していると言われています。1剤と2剤を混ぜあわせて使う白髪染めは、1剤に多量の酸化染料(かなりの強力な力で髪を染める成分)が含まれており、その中に含まれているのが「PPD」になります。

 

この「PPD」の中には、発がん性物質や環境ホルモンが含まれており強い毒性があることが、専門機関の長い研究の成果として証明されています。

 

頭皮というのは人の体の部位の中でも、皮がとても薄く、外部からの刺激に対するバリア機能が弱い部分でもあります。弱い部分を守るために、毛が生えてくるといったことを考えれば、すんなりとご理解頂けると思います。

 

そして肝臓は、この頭皮などの体の外から入ってくる有害物質を一番はじめに処理する部分となります。

 

少量の有害物質であれば、肝臓もうまく処理してくれるのですが、これが体内に蓄積し、一定量を超えると、肝臓も疲労が溜まってしまい、大きな負担をかけることになるのです。

 

 

PPDは毒性物質

現在、薬局などで市販されている白髪染めには「PPD」(パラフェニレンジアミン)が多量に含まれており、これは人の体に有害な毒性物質として認定されています。

 

例えば、アレルギー体質の方であれば、この物質が体内に入ることで、アレルギー症状を引き起こして、頭皮のかぶれや湿疹が出てきたりします。また血液循環の悪化や口やのど、鼻などの激しい痛み、せきこみ、ひどい場合は呼吸困難に陥り、死亡するケースも確認されています。

 

白髪染めをおこなう際は、事前にパッチテストを必ずおこない、充分に注意をする必要があります。

 

現在では、「PPD」(パラフェニレンジアミン)のような科学物質やアレルギー物質を含まない、無添加の白髪染めが人気を集めています。

 

ヘアマニキュアタイプとなりますので、毛染めタイプの白髪染めに比べ髪を染める力は劣りますが、白髪が気になったときに手軽に染めることができるのでとても便利な商品だといえます。

 

 

 

 

 

当サイトの人気コンテンツ一覧