MENU

白髪染めの仕組み

ひと口に白髪染めと言っても、配合されている薬剤から、2つに大別されます。一般的に白髪染めと呼ばれるものは「永久染毛料」と呼ばれ、毛髪内部に深く入り込んで染毛するもの。ヘアカラー(お洒落染め)もこのタイプに入ります。

 

2つ目は、毛髪の表面と内部に浅く入って色をかける「半永久染毛料」。ヘアマニキュアやヘアリンスが、このタイプとなります。

 

ここでは、永久染毛料である白髪染めについてご説明しましょう。

 

白髪染めは、1剤と2剤の2種類で構成されるアルカリ性酸化染毛剤。医薬部外品です。1剤の成分はパラフェニレンジアミンやトルエン−2.2−ジアミンなど、色素中間体と呼ばれる酸化染料で、日本人固有の濃い髪色を作る素となります。

 

1剤には、酸化染料に加えて、アンモニアやモノエタノールアミン、といったアルカリ剤も含まれています。2剤の成分は、過酸化水素水からなる酸化剤。1剤のアンモニアによって分解され、酸素を発生します。

 

1剤と2剤を混合することによって、1剤に含まれるアルカリ剤が髪表面のキューティクルを開いてメラニン色素を分解し、髪色を脱色。同時に、開かれたキューティクルから、染毛料が髪内部に浸透し、1剤と2剤の酸化重合によって結合しあい、分子量の大きな粒子となって髪内部にとどまるというもの。

 

内部から染毛しますから、目指す髪色が均等に、毛髪内部に定着。染毛後のシャンプーでも色落ちはありません。また、皮膚に色が定着することもありません。

 

欠点としては、酸素の発生によって、髪を構成するたんぱく質であるケラチンが破壊され、流れ出してしまうことや、髪に残ったアルカリ成分が、髪の傷みを早めることが挙げられます。

 

白髪染めは、髪の健康の犠牲の上に成り立っていることを忘れてはいけません。白髪染め後は、シャンプーごとのトリートメントが必須とされています。また、1剤に配合されているパラフェニレンジアミンは、人によってはアレルギーを引き起こすことがあります。