MENU

「白髪染め」使用前に必ずパッチテストをしよう!

「白髪染め」には、さまざまな化学物質が含まれていますので、アレルギー反応が出る人もいます。購入したら、まずは、「パッチテスト」を行い、アレルギーの有無をチェックしましょう。

 

初めて使用する「白髪染め」の「パッチテスト」は必須ですが、多くのメーカーが、「白髪染め」に際しては、毎回、事前に「パッチテスト」をすることを推奨しています。

 

「白髪染め」をする時の体調が、いつも万全とは限りません。生理の時や、疲れていたり、敏感になっている場合は、初回のパッチテストで問題がなくても、異常が起こる場合もあるのです。

 

パッチテストの方法

 

「パッチテスト」のやり方は、次のとおりです。

 

テスト液を作る

最初に1剤と2剤を、新しい綿棒を使って、使用説明書の記載どおりに充分に混合し、テスト液をつくります。

 

テスト液を自然乾燥させる

テスト液を、腕の内側に、衣服につかないように注意しながら、10円硬貨大にうすく塗って、自然乾燥させます。その際は、テスト液のつくり過ぎに注意しましょう。。テストをした当日に、入浴する場合は、テスト部位を濡らさないようにしてください。

 

異変をチェックする

塗布後30分くらいに、テスト部位をチェックします。発疹、発赤、かゆみ、水泡、刺激など、異変に気づいた時は、ただちにテストを中止し、テスト液を水で洗い落としてください。

 

放置する

異常がなかったら、そのまま、テスト部位に触れないようにして、48時間、放置しましょう。時間は厳守するようにして下さい。

 

再びチェックする

48時間後、再びテスト部位の観察を行ってください。塗布部に発疹、発赤、かゆみ、水泡、刺激など皮膚の異常があった場合には、すぐに洗い落とします。またテスト液を塗布後、48時間経たないうちに皮膚の異常を感じた場合も、直ちにテストを中止しテスト液を洗い落としてください。

 

異変が起きた際には

 

異変が起きた時は、残念ながら、「白髪染め」にとりかかることはできません。かぶれた部位を刺激しないようにして、すぐに皮膚科専門医を受診してください。

 

48時間の「パッチテスト」で異常が起こらなければ、すぐに「白髪染め」をスタートさせましょう。「すぐに」の意味は、日をおくと、体調が変化してしまうことが理由になります。

 

 

当サイトの人気コンテンツ一覧