MENU

頭皮用エッセンスの選び方

頭皮の保湿

 

頭皮ケアで重要であるにも関わらず、お手入れが怠りがちになっているものに「頭皮の保湿」が挙げられます。潤すのと同時に栄養をしっかり補給して、トラブルに負けない元気な頭皮を作っていくことが大切なのです。

 

洗顔後や入浴後に顔は必ず保湿をするのに、頭皮は何もしなくてもいいはずがありません。乾いた肌が硬くこわばるように、お手入れ不足の頭皮も同様にごわつき・たるみ・健康な髪が育たなくなってしまいます。

 

また頭部がたるめば、顔も同じようにたるみます。いつまで美しい髪と肌を保持したいと願うなら、頭皮用エッセンスを取り入れましょう。

 

頭皮用エッセンスを選ぶポイント

 

頭皮も肌も考え方は同様です。どちらも28日周期で生まれ変わっていて、3層で構成されています。外側は皮脂というバリアに守られています。しかし、一つ注意をしなければいけないことは、頭皮と顔の肌では置かれている環境が異なるということです。

 

ここではこのような頭皮特有の条件も加味した上で、保湿方法について説明していきたいと思います。

 

頭皮の保湿を考えていく上でまず考えなければいけないことは、「頭皮には筋肉が無く、動かすことが出来ない」といった特徴です。ですから血液の流れは心臓のポンプ運動に頼らなければなりません。

 

ですから頭皮を保湿する際のエッセンスの成分も、血行を促進させるものでなければいけません。オタネ人参やセンブリ、生姜など生薬系のエキスはその代表だと言えるでしょう。こういった成分を頭皮に注入することにより、血行を促し、イキイキとした元気な髪を育てることが出来るのです。

 

さらに、もう一つ忘れてはいけないポイントがあります。頭皮は皮脂の分泌量が体中で一番多く、それゆえに皮脂が酸化したり雑菌が繁殖したりしやすいということです。

 

顔の肌は健康な人であっても、季節や体調によって頭皮にかゆみや赤み生じる方も多いです。それを防ぐために抗炎症成分を配合するのも、頭皮用のエッセンスの特徴です。例えば、グリチルリチン酸や2K、ベータグリチルレチン酸、ユーカリやローズマリーなどの植物エキスがよく使われています。

 

「血行を促進させるもの」「抗炎症成分を配合しているもの」この2つのポイントを抑えた上で、抗酸化成分や潤い成分を加えたものが頭皮専用エッセンスです。商品を選ぶ際は、必ず含まれている成分を確認するようにしましょう。

 

またコラーゲンやヒアルロン酸などの頭皮表面を保護する成分や、ビタミンCなどの抗酸化成分まで何をどのように配合するかによって、それぞれのメーカーで違いがあるのも頭皮用エッセンスの特徴なので覚えておくと良いでしょう。