MENU

白髪染めの種類について

「白髪染め」は、大きく分けて3種類に分ける事ができます。それぞれ髪に働くメカニズムや配合成分が異なりますので、ここでは特徴について詳しく解説していきたいと思います。

 

永久染毛剤

 

永久染毛剤は、1剤のアンモニア(アルカリ剤)によって髪のキューティクルが開かれ、2剤の酸化剤と触れ合うことによって、「酸化重合」という反応を起こし、髪に染料を定着させます。

 

染毛の過程で、配合したブリーチ剤によって白髪も黒髪もブリーチし、どちらも同じ色に染めます。シャンプーしても色落ちすることはなく、一度染めれば、色が2〜3カ月程度持続します。

 

問題点としては、さまざま化学物質が配合されているため、アレルギーを起こす人もいること。特に、ジアミンという化学物質については、皮膚に発疹などのアレルギー症状を起こす人もいますし、過去には、喘息や呼吸困難などのアナフィラキシーショックによる死亡例もあり、メーカーでは、使用ごとのパッチテストを推奨しています。

 

商品例としては、「ヘアカラー」「白髪染め」などのカテゴリに分類される商品になります。

 

半永久染毛剤

 

「ヘアカラー」「白髪染め」と比較すると、髪、頭皮への負担が少ないものです。髪をコーティングし、表面にうっすらと色をかけるため、髪につやがでて、トリートメントされたように見えます。

 

「永久染毛剤」のように、キューティクルに入って毛髪の内部まで染めるわけではありませんので、色の持続は2〜3週間程度になります。また、シャンプーのたびに色落ちします。肌やタオルに付着くと取れにくいのが、マイナスポイントの一つとされています。

 

通常の「白髪染め」に配合されているジアミンという化学物質でアレルギーが出た人の使用に適しています。ただし、アレルギーのもとといわれる化学物質を含むものもあり、敏感肌の人は、成分をよく確認してから使用する事をおすすめします。場合によっては、医師にアドバイスを求めることも必要でしょう。

 

商品例としては、「ヘアマニキュア」「カラーリンス」「カラートリートメント」「ヘナ」などのカテゴリに分類される商品になります。

 

一時染毛剤

 

髪の表面に、一時的に顔料(着色料)を付着させるものです。毛髪や地肌への影響は少ないとされており、使用後は、シャンプーですべて洗い落とすい流すが可能です。

 

一時的な白髪隠しや、“コスプレ”などのイベントにも使われています。商品例としては、「カラースプレー」「カラークリーム」「カラークレヨン」などのカテゴリに分類される商品になります。

 

 

当サイトの人気コンテンツ一覧