MENU

白髪とストレスの関係は?

強いストレスを感じると、それが白髪の原因になることをご存知でしょうか。

 

非常に大きなストレス・心の痛み・刺激をが原因の白髪は、血行の流れが悪くなることで引き起こされるといわれています。

 

血行の流れが悪くなり、それが場合によっては、毛根・頭皮・色素細胞といった部分にまで悪影響を及ぼします。色素細胞の働きが低下すると、新しく生えてきた髪を黒くすることができなくなり、結果白髪になってしまうのです。

 

もちろん人それぞれの体質や遺伝も関係してきますので、個人差はあります。中には白髪ではなく、薄毛や円形脱毛症といった形で発症する方も少なくありません。

 

頭髪は体の内部の状態を表す大切な部分になります。体内で起こった異常な変化を、知らせてくれる役目を持っているのです。

 

ですから、普段の生活の中でも変化がないか、注意深く見ていく必要があるでしょう。

 

そして、もしいつもと違う変化を感じたら、何に原因があったのかよく考えてみましょう。白髪や抜け毛といった形で表面に表れているとしたら、かなり強い刺激を受けている状態ですから、何かしら思い当たるフシも出てくると思います。

 

その強いストレスや刺激の原因が、職場環境にあるのか、家庭の問題にあるのか、もしくは何か大きな悩みを抱えているのか…理由はさまざまだと思います。

白髪とストレス

 

そんなときは、自分が大好きなことに没頭できる時間を作ることが大切です。スポーツをして汗を流すのもよいですし、映画鑑賞や読書が好きな方は、そいったことに時間を費やすのもよいと思います。

 

たまには気心が知れた友人と、お酒を飲んでストレス発散するのもいいでしょう。ただしお酒の飲み過ぎや、寝不足も白髪の原因の1つになりますので、ほどほどが大切です。

 

 

 

 

当サイトの人気コンテンツ一覧